変身

kerocco2014-09-15

ブールメンで着ていたお気に入りのワンピースをバッグに変身させた。涼しくて肌触りがよくて、本当に気に入っていたんだけど、薄いためにあちこち破れていた。長いこと、捨てられずにいたけれど、今日、思い切って、ミシンを取り出し、バッグにした。満足。
このワンピース原型写真は2008年8月17日をご覧ください。

Mさん

久しぶりにこんにちは。
大切なことがあった。私のブールメン生活を影で支えてくれたMさんとの出会い。毎回ブログを見ていただき、メールも何度もやりとりをし、すっかり旧知の仲の気分。でも実は初めてお会いした。
いやあしゃべるしゃべる。お互いに。笑った笑った。この日本のどこに、ブールメンのスークの右と左、どちらのハノットに行っていたか、って会話できる人がいるだろう。あまりにローカルすぎる。
素晴らしき再会、もとい、出会い。

師走に思う

なんだかんだと2012も残りわずか。私が帰国したのはいつやら、、、。
今年、夏ブールメンに帰省した。町は大きく変わっておらず、さすがモロッコだと思った。
でも、それぞれの家庭には変化があるんだな。
ハッサン校長はモハメディアの小学校に異動することに。
サロワは何年も希望を出していたのがようやく通り、9月からフェズの小学校。
大家モハメッドには2歳になる次女がいた。
セントラルの3年担任、愉快なガッセンは心筋梗塞でかえらぬ人に。
3年ぶりだったけど、留守をしすぎたようだった。
それでも、みんな変わらず私を受け入れてくれた。あちこちでもてなしを受け、私は3キロ太り、のどぎりぎりまで食べ物をつめこんで日本に戻ってきた。
あまりに濃いモロッコ生活を送ったので、3年は戻らなくていいと思ったのが、懲りない性格のようだ。
またあの人たちに会いたい。ブールメンの寒さを体感したい。

寒いときはモロッコレギンス

寒くなりました。久しぶりにモロッコレギンス、当時はモロッコスパッツと呼んでいたものをはいていみると、いやあ素晴らしい。寒くない。午前中この格好で歩くとちょっと暑く感じるくらい。
やっぱりブールメンで買ったあたたかグッズは日本製に負けない。

現実逃避

ひさびさにブログ更新。うふ。誰が気づくのかしら。かなりしんどい仕事が残っているのに、現実逃避。逃避場所は思い出のブールメン。
自分のブログを見ると面白い。色々あったな〜って思い出す。あんなに強烈なことばかりあったのに、忘れていることいっぱい。ちょっとショック。
さてさて仕事にもーどろ。

モロッコ料理レストラン

昨日モロッコ料理レストランに、モロッコにゆかりのある方々と食事へ。
久しぶりのモロッコ談義に話が弾む。そもそもモロッコでお世話になっていた方に、モロッコ人が二人もいるレストランで、フランス語で注文をしながら、モロッコ雑貨に囲まれていると、ここはモロッコかって錯覚に落ちるくらいだった。楽しい時間だった。
新入りのモロッコの若者の働きが非常に気になる。

再びこんばんは

こっそりひっそり更新したら、各方面から「見たよ」と声をかけていただくわけで。帰国してもキイコ人気はおとろえず?と錯覚しそうです。
だからって今日はたいしたことはご報告できずにいます。
うーん、あえて言うなら、1個100円のかぼちゃを5個も買ってしまったことがニュースでしょうか。八百屋のおいちゃんが「箱ごと持っていって、くさるもんじゃないから。安くするよ。」と何度も言うもんで、「箱は無理だから5個で安くして。」とモロッコで鍛えた交渉術で、5個400円と破格の安さでかぼちゃを買いました。
交渉のチャンスがあると、どうしても交渉してしまうこのくせはなおりません。